心理検査について

心理検査について

2020.6.1

 

医師が必要性と判断した場合、臨床心理士/公認心理師による心理検査を行う場合があります。検査は、全て予約制となります。

 

心理士による検査は、以下の2種類に分類されます。これらを複数組み合わせて検査を行うこともあります。

 

  • 知能検査:田中ビネー、WISC−Ⅳ,WAIS−Ⅳ

・知能の発達程度や、課題の取り組み方の特徴、得意―不得意な領域の判別などを把握し、今後に役立てます。

・所要時間:90分〜180分 ※状況により、複数回に分けて行う場合もあります。

 

  • 心理検査:バウム、SCT、P-Fスタディ

・情緒面や人間関係の特徴について把握し、今後に役立てます。

・所要時間:20〜60分

 

  • 結果のフィードバック面接(予約制;検査後1〜2ヶ月後)

・担当医/検査を担当した心理士より検査結果の説明をさせていただきます。書面による報告書もお渡し致します。

 

検査料金

検査自体は保険が適用できます。ただし予約および報告書作成料・フィードバック面接料として、以下のように別途費用も必要となります。

 

  • 知能検査のみの場合         : 保険適用+5500円
  • 心理検査のみの場合         : 保険適用+3300円
  • 知能検査・心理検査の組み合わせの場合: 保険適用+8800円

予診・診察の料金改訂について

予診・診察の料金改訂について

2020.6.1  

 

当院では、(1)患者様をできる限りお待たせしないこと、(2)丁寧な診察・医療サービス の2つを両立していく医療体制維持のため、下記の通りの料金体系で医療サービスを行なって参ります。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 

  • 予診(60分程度) 予診及び初診予約料:5500円(保険適用外;自費)

初めての診察の前に、まず経過やお困りの点やご希望などを、専門スタッフ(臨床心理士・精神保健福祉士)が丁寧に聞かせていただきます。お子さん・ご本人を連れ来ることが難しい場合などの事前相談としても対応させていただきます。

 

  • 初診(60分程度) 保険適用

予診の内容をもとに、医師による診察を行います。今後の指針をお伝えしていきます。

 

  • 再診については、以下の2通りの診察があります。

・再診−A : 通常診療(10分程度) 保険適用による通常診療 

・再診−B : 30分診療(30分程度)予約料:3300円

「予約に基づく診療」として国より認められている保険外併用療法を、厚生局に届け出の上で行っている診療になります。保険診療費に加え、選定療養費予約料として3300円をご負担いただいております。一定時間をとっての丁寧な診察と、待ち時間を最小限にする完全予約制を維持するための制度となります。料金の違いをご理解の上、通常診察(再診−A)と30分診療(再診−B)を使い分けてくださいますようお願い申し上げます。

2020年度6月:あれこれの会(保護者の会)の再開について

国の緊急事態宣言の解除に合わせ、「あれこれの会」を6月13日(土)より再開いたします。県の感染症対策のガイドラインに基づいて、3蜜を避けるなどの基本対策を行った上での再開となります。内容は以下の通りとなります。
 
日時 : 6月13日(土)10時〜12時 
場所 : 安中駅前「リベルタ安中」 カフェ内
費用 : 自費 3000円(ご夫婦で参加などの場合は2名で4000円)
内容 : 臨床心理士による講座「ASDの基本について」/保護者ミーティング
 
※「あれこれの会」は、発達障がいのお子さんをもつ保護者の方のための会になります。初めての方は、主治医にご相談の上でご参加ください。なお、詳細についてはリーフレットを用意しておりますので、クリニック受付にてお問合せください。

ラジオ出演のお知らせ

当院院長の有賀道生医師が、2020年4月よりラジオ高崎にて、こころの健康のコーナーにレギュラー出演しています。放送の詳細は以下の通りです。興味のある方はぜひ聴いてみてください。

 

ラジオ高崎 「ring a bell」 第4金曜日 12:00〜