水曜日診療についてのお知らせ

現在、毎週水曜日は午前中(9:00~12:00)診療を行っておりますが、2018年4月より、毎週水曜日は終日休診とさせていただきます。

2018年3月末日まで(午前中診療)
      ↓
2018年4月1日以降の水曜日(終日休診)

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

講演会のご案内 -「眠れぬ夜のために」より良き眠りを求めて

対象:群馬県内一般市民
入場料:無料
場所:群馬県社会福祉総合センター8階 大ホール
日時:2018年3月25日 13:30~15:30(13:00~受付開始)

お問い合わせ
医療法人唯愛会桐の木クリニック 担当: 上野
住所:〒379-0115 群馬県安中市中宿2172-4
電話:027-388-1086

講師:大川 匡子
「眠れぬ夜のために」より良き眠りを求めて

●公益財団法人 精神・神経科学振興財団 
 睡眠健康推進機構機構長

●医療法人社団絹和会
 睡眠総合ケアクリニック代々木理事

●東京医科大学睡眠学講座 客員教授、他

主催■群馬県精神神経科診療所協会 日本精神神経科診療所協会
後援■群馬県 群馬県医師会 群馬県精神保健福祉協会 群馬県精神障害者社会復帰協議会 群馬県精神障害者家族会連合会
   群馬テレビ 株式会社 株式会社 エフエム群馬 朝日新聞社前橋総局 毎日新聞 前橋支局 上毛新聞社
群馬県社会福祉総合センター 大ホール(8F)
前橋市新前橋町13-12(027-255-6000)

第41回 桐の木クリニック講演会のご案内

「私たちをとりまく精神科医療、当事者の視点から」

近年ようやくうつ病をはじめ、精神疾患は誰でもかかりうる病気であるという認識が社会に浸透しつつあります。企業でもメンタルヘルスは重視されており、一定の条件の企業においてストレスチェックを義務付けられるようになりました。私たち桐の木クリニックをはじめ精神科や心療内科に相談される方も増えてきていると思われます。しかし、いざうつ病などの精神疾患を発症し、仕事を休んだり、辞めざるを得ない場合、今後の生活はどうなってしまうのか、復職が可能なのか、当事者の方や家族の方の心配は尽きません。
今回の講演会ではこうした疑問にこたえるため、精神疾患を乗り越えて介護福祉士として復職を果たされるかたわら、当事者として講演活動をされている成田茂さんにお話をしていただくことになりました。
この講演会が、皆様のお役に立てれば幸い、と思っております。
また、この度も安らぎのひとときをお持ちいただけますよう宮坂俊一郎さんによるチェロのミニコンサートもご用意いたしました。是非ふるってご参加ください。

■ 日時 平成29年12月10日(日) PM 1:30~4:10
■ 場所 桐の木クリニックホール
■ 講師 成田 茂 さん
(障害者自立生活支援センター ほっとたいむ 副理事長兼事務局長)
■ チェロ演奏  宮坂 俊一郎 さん

主催 桐の木クリニック


予約制 先着70名(入場無料)
※小学生以下のお子様の来場はご遠慮ください。
問い合せ先 桐の木クリニック講演会係
TEL 027-382-6611

日本多機能型精神科診療所研究会 第1回 施設見学会 報告

2015年5月17日、当院も所属会員として名を連ねている日本多機能型精神科診療所研究会が発足しました。
多機能型精神科診療所とは、精神科地域ケアを考えて診療を続けているうちに、必要に迫られて精神科デイケアや訪問看護などの諸機能を徐々に追加し、他職種、多機能になった精神科診療所を言います。本来、地域で精神科医療チームが十分な働きをしてこそ、長く精神科病院に入院していた重い課題を持った患者さんたちも、街に帰ってくることができます。これまで地域に安心して暮らせる医療環境がなかったことも、地域移行が進まなかった背景にあったと思います。これらのことから日本の精神科地域ケアを飛躍的に発展させると言う時代的に重要な役割を果たすべく有志が集い、発足したのが日本多機能型精神科診療所研究会です。
ついては同研究会による記念すべき第1回目の施設見学会が、2015年10月11日(日)に当院及び関連施設群において開催されました。本年3月発刊の同会会報の中から見学会に関連する報告を抜粋掲示いたしましたので、ご参照いただければ幸いです。
 
https://www.kirinoki-clinic.com/wp-content/uploads/2016/05/17435f78b06fd11c1fb21b0d6247000b.pdf

第7回ベストプラクティス奨励賞受賞 実践報告

〈第7回ベストプラクティス奨励賞 実践報告 「医療法人唯愛会 地域精神医療と保健福祉の実践を目指して20年」―精神障害者とリハビリテーションVOL19 NO.1より―〉
 医療法人唯愛会は2014年10月、日本精神障害者リハビリテーション学会2014年度ベストプラクティス選考において、「ベストプラクティス奨励賞」を受賞しました。本賞に甘えることなく、今後も引き続き地域精神医療と保健福祉の実践と向上を目指し、精進努力を積み重ねて行きたいと考えております。

※ベストプラクティス賞の目的
わが国の精神保健医療福祉の現状を踏まえ、精神障害者のあるべき姿を展望し、それに到達するためのモデルとなる実践を評価することで、全国での実践の質の向上に寄与することを目的とし、日本精神障害者リハビリテーション学会が2008年より創設した賞
 
https://www.kirinoki-clinic.com/wp-content/uploads/2015/07/best_practice.pdf